2015年04月28日

新稲生寮の思い出(風呂が使用不能編)

新稲生の風呂

2012年→2013年にわたる年末年始と2013年の6月に使用不能となりました。使用不能となればエスポの風呂まで行かねばなりません。

最初の使用不能の時は水道工事の関係。この工事は寮のロータリーとその周辺も掘り返すなど大掛かりなものとなりました。風呂の使用不能は1週間で済んだのですが、寮のロータリー付近を掘り返してるため、2012年2月末まで通勤バスの発着がエスポでした。

新稲生みたいな刑務所に入る対価として、バスの乗り降りが近いというメリットがあったのに、この時ばかりは恨めしくおもいました。

もちろん、この時は季節は冬。ダウンジャケットとニット帽を被り、湯冷めしないようにささやかな対策をしてました。


2回目の使用不能は季節は初夏から梅雨にかけて。1回目は風呂で温まって湯冷めしてエスポから新稲生に戻ってきてたのに、今度は汗をサッパリ流してから汗をかくか雨に降られるかしてエスポから新稲生に戻るというね。

さて、今は浴槽にひびが入って湯が漏れてます。さて、再度の風呂の使用不能が来てしまうのでしょうか?




posted by . at 12:08| ホンダ鈴鹿期間工が思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする